パイ焼き日和

世田谷区等々力にあるパイ焼き窯のブログです。

2019年始動!(遅くなりましたが…)

こんにちは!パイ焼き日和編集部のコンです。

1月も後半ですが、あけましておめでとうございます!

ありがたいことに年明け早々から忙しくさせていただいており、更新ができずにいました。って言い訳ですね!申し訳ありません!

どうぞ本年もよろしくおねがいします😍✨ 

法人はる新年会がありました!

先日法人はるの利用者、職員、理事などなどみんなで集まって「今年1年も頑張りましょう!」と意気込む新年会がありました。

調理班が作った豪華な料理と事業所ごとの抱負発表でとても盛り上がりました。

そんな新年会の中でもメインイベントがパイ焼き窯のパティシエが腕によりを込めて作った干支ケーキのお披露目です。

今年は「亥」

どんなケーキなのかワクワクしていたら、さすがでしたね!

期待を裏切らない完成度で、まずはみんな写真写真、、、と撮影会(笑)

私もばっちり撮りました!それがこちらです!

https://www.instagram.com/p/BsfRyj8loOY/

花札の「萩に猪」を模したもので、渋かったです。

味も実は3種あったり中身も凝っていました!

はじめはなかなか手を付ける勇者が出ませんでしたが、人が並び始めたらあっという間に猪も萩もなくなっていきました(笑)

目でも口でも楽しんでもらえたので良かったです!

パイ焼き窯の今年の1文字「助」

新年会で事業所ごとに行う抱負発表では、窯の最年少2人組に昨年までの振り返りと窯のみんなの抱負、そして窯全体の抱負を発表してもらいました。

ひとりひとり抱負はちがいますが、窯では今年「助」を掲げてみんなで助け合いながら頑張りたいと思います!

 

平成もあと少し!2019年も健康で元気に楽しく過ごしましょう✨

それではヾ(。・v・。)

平成最後の年越し!年末年始営業のご案内です🎍

こんにちは!パイ焼き日和編集部のコンです。

今日は一段と寒さが堪えますね~(+o+)

寒くてブログ更新が疎かになってしまっていました。(言い訳)

12月も残り半分!クリスマス感と年末感が強まってきたので年末年始営業についてご案内いたします。

https://www.instagram.com/p/Bp1SeReFIEt/

パイ焼き窯のお休み

2018年12月28日(金)~ 2019年1月6日(日)をお休みとさせていただきます。

ご連絡、お問い合わせは

最終 2018年12月27日(木)13時まで

初日 2019年1月7日(月)9時から となります。

お菓子のご注文はなる早がGOODです!

最終発送日 2018年12月26日

発送開始日 2019年1月8日

おかげ様で今年の冬も忙しくさせていただいております。

そのため、発送日の10日前を目安にご注文くださいますととても助かります。

パイ焼き茶房の営業もお知らせ!

尾山台のパイ焼き茶房のクリスマスと年末年始の営業についても触れておきたいと思います。

☆クリスマス☆

2018年12月23日(土)通常営業 10:00~19:00

   12月24日(日)テイクアウトのみ 10:00~19:00

   12月25日(祝)通常営業 10:00~19:00

☆年末年始☆

2018年12月30日(日)~ 2019年1月6日(日)をお休みとさせていただきます。

通常営業は 12月28日(金)まで

最終 2018年12月29日(土)テイクアウトのみ 11:00~13:00

初日 2019年1月7日(月)通常営業 10:00~19:00

クリスマスケーキのご予約は締切となってしまいましたが、その他のケーキやお菓子、ギフトセットなどもありますので、クリスマスに、御年賀に、とぜひご利用していただけると嬉しいです!

https://www.instagram.com/p/BrUHrtLlvC2/ 

あ、 シュトーレンはまだまだ店頭でも販売してますよ~!

 

ということで、あっという間の2018年ですが、平成最後のクリスマス、年越し、紅白歌合戦箱根駅伝、、、なんでも平成最後をつけて楽しみましょう!(笑)

 

あと、当日にお知らせするのもなんですが…💦

本日12月14日18:00より駒沢大学種月ホールにて映画の上映会&ゲスト対談があります!

第1部 映画「夜明け前 呉秀三と無名の精神障害者100年」

第2部  保坂展人(世田谷区長)と藤井克徳(きょうされん専務理事)との対談
    ~100年を振り返り、これからの日本の精神保健福祉を世田谷から考える~

参加費は無料ですので、ふら~っとお立ち寄りください☆

詳しくはHP → https://www.paiyaki.net/img/movie20181214.pdf

 

それではヾ(。・v・。)

シュトーレンができるまで

こんにちは!パイ焼き日和編集部のコンです。

今日は七五三ですね。お参りしに行くご家族も多いかと思います。

家族そろって着物を着てもらいたいということから着物の日でもあるそうです。

ステキな1日になりますように🌟

 

パイ焼きシュトーレンは本格派!

さて、日本でもだいぶ定番化してきたお菓子「シュトーレン

パイ焼き窯でももう数年前からこの時期に出しています。

まずは断面から!どうでしょうか、この具沢山っぷり!

https://www.instagram.com/p/Bb_gVi6F5Oj/

ながーーーい期間洋酒に漬けこんだドライフルーツやナッツがごろごろです。

シトロン、カレンズ、オレンジピール、レーズン、サルタナレーズン、オレンジキューブ、くるみ、いちじく、アーモンド、、、

私も改めてこんなに入っていたのかと驚きました。 

製造工程をちょっぴ公開!

ということで、パイ焼き自慢のシュトーレンがどのように出来上がっていくのか少しだけお見せしたいと思います。

まずは洋酒漬けから。

たーーーーっくさんミンチにしたり、ごろっとカットして洋酒に漬けていきます。

https://www.instagram.com/p/Blu6VuGnI85/

長い期間漬けこむので、今年漬けこんだものは来年以降に使います。

今年は何年ものかな??

続いては生地作り。

https://www.instagram.com/p/BqHRs1BlaDu/

もっちりの生地に漬けこんだフルーツたちを練り込んでいきます。

どしんとした感じ分かりますか?

やっぱりシュトーレンは焼く前から大物感が出ています。

そしてそれを型に入れ…

f:id:paiyakigama:20181107114513j:plain

と思いきや、上から型をかぶせます。

膨らむので上から抑え込む感じです。

型なしで丸めて焼いている方も多いと思いますが、この専用の方で作ることで型崩れせずキレイに仕上がります✨

良い色に焼き上がったら、熱いうちにバターをかけていきます。

f:id:paiyakigama:20181107114525j:plain f:id:paiyakigama:20181107114534j:plain

熱々です。バターも熱々です。

たっぷりバターをしみこませることでしっとり感がでます。

あとたまらない香りもしてきます。

最後に粉糖を雪のようにかけます。

https://www.instagram.com/p/BcHPvOglGyJ/

山々が連なっているようですね。壮観です✨

ここからしばらく寝かせて味を落ち着かせます。

皆様のお手元に届くころにはおいしさ増し増しになっているはずです!

歴史深いドイツの伝統菓子

手間暇かけて出来上がったシュトーレン

ドイツのクリスマス伝統菓子というのは知ってる方も多いと思います。

ではいつから?なんと700年前頃からドイツで食べられているそうです。

仕上げの粉糖が、布にくるまれた「幼子イエス」に見えることから司教様への献上品になっていたようです。

また、「Stollen」はドイツ語で「坑道」を意味していて、なんだか断面が坑道の入り口みたいに見えるような気もしますよね。

誕生当時はカトリックの教えもあり、材料はとてもシンプルで、味気ない感じだったそうです。

それから少しずつ変化し、華やかでおいしいシュトーレンに変わっていったということでした。

おいしくなって良かった~(*´ω`)

そのままでもおいしいけど食べ方は自由!

伝統的な食べ方はアドヴェントの間に少しずつスライスして食べ、クリスマスを迎える準備をします。

端から切らずに真ん中からカットして断面同士をくっつけて保存しておくのがベストです!乾燥を防いでくれます。

何もつけずにそのまま食べるのがドイツ流だそうですが、生クリームやクリームチーズサワークリーム、酸味のあるジャムなんかをつけて食べても美味しいですよ。

https://www.instagram.com/p/BNLwF_jgRKp/

コーヒーや紅茶だけでなく、ワインやシャンパンにもぴったりです。

ドイツっぽくいくならホットワインもいいですね。

ちなみに私はかるーく温めてクリームチーズをつけて赤ワインと一緒に頂くのが好きです。

 

みなさんもいろいろな方法でシュトーレンを楽しんでくださいね!

Frohe Weihnachten !

それではヾ(。・v・。)